HOME 医院紹介 診療案内 漢方について 検査・健診 ドクターコラム
漢方効果の症例集
パーキンソン病
不妊症
小児喘息
喘息様気管支炎
腰痛症、筋肉痛
膝関節痛
脊柱管狭窄症
虚弱体質
夜尿症
落ち着きがない
風邪をよくひく
冷え性がひどい
下痢が治らない
めまいが治らない
ひどいのぼせ症
耳鳴り
アトピー性皮膚炎
難聴、耳が遠い
しつこい膀胱炎
う歯、ムシ歯
眼瞼けいれん
漢方効果 症例 - 2

不妊症

最近あった嬉しい出来事、長年不妊症で苦労されていた患者さんですが、私が処方した当帰芍薬散加附子(とうきしゃくやくさんかぶし)の内服で懐妊されたこと。妊娠のサインの督脈(とくみゃく)がしっかりと感じ取れました。私の不妊症治療成功例21例目になります。

以前、同僚の鍼灸師の女性が不妊症で悩んで私の外来に来られたこともありました。漢方では安胎薬として女性に頻用される当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方し、「焦らずに時期を待ちなさい」と伝えながら治療を続けたところ、9ヶ月後に妊娠がわかり、さらに無事出産され、大変感謝されたのでした。



漢方は保険がききます

 同一人物でもその時々で体質が変化していきますので、手首の脈を触れ(脈診)、舌を観察して(舌診)、お腹の張り具合を手で押して確かめながら(腹診)、その人に一番合った処方を決めます。昔は生薬を煎じて飲んでいましたが、今ではフリーズドライ製法の発達によって、粉薬として調剤された漢方薬が出来上がっており、保険診療で使用できます。

 また、医師が診察して処方する漢方薬と、お店で自分で買える漢方薬には違いがあります。どうぞお気軽にご相談ください。

田中医院
電話: 0467-32-1315






田中医院 鎌倉市常盤648-4 TEL:0467-32-1315  
Copyright Tanaka Clinic All rights reserved.