HOME 医院紹介 診療案内 漢方について 検査・健診 ドクターコラム
お困りの症状は
こんなときは漢方
日本の漢方医学
漢方は保険がききます
漢方効果の症例
各種検査・健康診断
診療時間
アクセス

◇漢方は保険がききます

 昔は生薬を煎じて飲んでいましたが、今ではフリーズドライ製法の発達によって、粉薬として調剤された漢方薬が出来上がっており、保険診療で使用できます。
また当院は、煎じ薬にも対応しています。

 医師が診察して処方する漢方薬と、お店で自分で買える漢方薬には違いがありますので、ご不明な点はどうぞお気軽にご相談ください。

 同一人物でもその時々で体質が変化していきますので、手首の脈を触れ(脈診)、舌を観察して(舌診)、お腹の張り具合を手で押して確かめながら(腹診)、その人に一番合った処方を決めます。

こんなときは漢方

 漢方の比較的得意とする範囲は冷え症(冷え性)、のぼせ症、肩こり、神経痛、風邪、神経的な喉の詰まり感、便秘、更年期障害など多岐にわたります。検査・画像診断で異常が出ないけれど自覚症状がある、原因がわからない慢性病、体質が関係する症状・・・そんなお悩みも漢方が得意とする分野です。

高齢者
認知症、排尿障害、前立腺肥大、足腰の衰え、慢性疲労
生活習慣病
高血圧、糖尿病、慢性肝炎
アレルギー
花粉症、鼻炎、気管支喘息、湿疹、蕁麻疹、アトピー
ストレス
心身症、自律神経失調症、不眠、神経症
呼吸器
感冒、インフルエンザ、咳、痰、COPD
消化器
胃の運動障害、便秘、下痢
痛み
腰痛、膝痛、坐骨神経痛、リウマチ
虚弱体質
体力増強、免疫力回復、頻尿、貧血
更年期
発汗、動悸、焦燥感、イライラ
女性
月経不順、月経痛、冷え性

当院では、漢方専門医である小野村院長が、一人一人の身体を漢方医学的に診察し、症状や体質に合った漢方薬を処方するとともに、体調を整えるために必要な養生法についても丁寧に指導します。


日本の漢方医学

 5世紀〜6世紀、中国から日本に導入され、日本の風土・気候や日本人の体質にあわせて独自の発展を遂げた伝統医学、これが漢方です。
 特に江戸時代などの鎖国の時代に大きく発展して体系化され、現在へと継承されています。
 「漢方」という名称は、日本へ伝来した西洋医学である「蘭方」と区別するためにつけられたものです。

 西洋医学では、病気の診断を行ってから処方薬を決めるのに対して、漢方医学では、各々の体質に合った処方薬を決めて、体のゆがみを徐々に改善しながら病を治して行こうという考え方をします。



田中医院
電話: 0467-32-1315





田中医院 鎌倉市常盤648-4 TEL:0467-32-1315  
Copyright Tanaka Clinic All rights reserved.