サイトマップ
HOME 当院について 診療案内 漢方について よくある質問 交通アクセス
初めての方へ
当院について
診療時間
交通アクセス
診療案内
漢方診療
アレルギー科
循環器内科
消化器内科
糖尿病の治療
各種検査
CAVI、エコー、心電図等
健診・検診
予防接種
その他の検査・治療
ドクターコラム

ホーム > ドクターコラム一覧 > 土用の丑の日

ドクターコラム 一覧

土用の丑の日

「土用」は雑節(季節の変化を目安とする日)の一つで、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を指すとされています。

この期間中で十二支の「丑」の日に当たる日が「土用の丑」で、今年(平成30年)は7月20日と8月1日の2回あります。

夏の土用は立秋前を指し、“丑の日に「うなぎ」を食べれば夏バテしない”と言われて、昔からうなぎが食されてきました。

うなぎは「中品(ちゅうほん)

世界最古の薬学書とされる「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」によれば、うなぎは、養生(ようじょう)を司り、無害なものも有害なものもあるので、よく見極めて利用すべきとされる「中品(ちゅうほん)」に分類されています。

病気が進行するのを押しとどめ、体が虚弱になったり、やせ細ったりするのを妨げ補う食品とされています。

古来より、泥の中に生息する植物(蓮根など)や生物(うなぎ、すっぽんなど)には滋養強壮作用があるとされ、この時期のうなぎは、暑さで夏バテした体を、その高い栄養価から立て直してくれるとされています。

近年、うなぎが希少生物に分類されて残念ですが、うなぎを増やす研究も進んでいるようです。日本古来からの食習慣の一つとして、今後も守られてゆく夏の行事の一つと考えられます。

田中医院院長 小野村
(2018/7/10)




田 中 医 院 
電話:0467-32-1315




田中医院 鎌倉市常盤648-4 TEL:0467-32-1315  
Copyright Tanaka Clinic All rights reserved.